assist-ashiya_banner1

2021年4月30日金曜日

芦屋資産塾 Zoomセミナーのお知らせ

 芦屋資産塾にて記念すべき第一回のセミナーを実施いたします。

タイトル:リノベーションで高級マンション市場で資産価値を高める方法

日時:5月14日(金)15:00~16:00

形式:Zoomによるオンラインで実施いたします。

運営:株式会社 アシスト芦屋

担当:新谷有宏・苅谷真

申込方法:担当、もしくは当社までご連絡ください。

フォームでの申込:https://forms.gle/kYoKU1V7d9EX5FjZ7


セミナー内容

1.芦屋の市場について

2.芦屋のマンション相場について

3.リノベーション事例

4.リノベーション物件の販売戦略

5.投資家の保有期間と投資結果

6.本サービスを利用できる物件のタイプについて

7.さいごに


講師

新谷有宏


平成164

株式会社ミスミ 入社

平成2510

株式会社ミスミ退職 株式会社アシスト芦屋 専務取締役 就任

平成294

CPM® (IREM [米国不動産管理業協会] 認定不動産経営管理士) 資格取得

平成302

CCIM (米国投資協会認定 事業用不動産投資顧問資格) 資格取得

平成301

資産運用・相続コンサルティング会社 株式会社アシストアセット 設立

令和23

公認 不動産コンサルティングマスター 資格取得

令和25

CCIM (全米認定不動産投資顧問協会) 2020年度 会長に就任

令和2年10月

株式会社アシスト芦屋 代表取締役に就任




2021年4月3日土曜日

何故、不動産投資をするのか?

不動産投資・賃貸経営には「目的」「目標」が大切。という事をお伝えしておりましたので、今回はその「目的」「目標」についてのお話です。

 

まず「目的」というと難しく考えてしまうかも知れませんし、何か大義名分のような高尚な内容が必要のように感じるかも知れません。ですが不産投資・賃貸経営の「目的」は皆様一人一人様々で、決して難しい内容である必要はありません。


例えば分かりやすいもので言えば、

「今より生活を良くすること」とか、

「子供たちに良いものを残すこと」とか、

「単に借金をなくす為」とか、

「先祖代々のものを守ること」なども目的かも知れません。

「不動産を持つというステータスとして」、という目的もありますよね。


簡単に言えば、不動産投資・賃貸経営をしたいと思った(やっている)動機のようなもので良いのです。自分で始めた場合もあれば、相続などで引き継いだ場合もあるかと思いますので、目的は人それぞれのはずです。


一番よくないのは「なんとなく」やっているという状態です。

特に相続をされた方などに多いのですが、「なんとなく」では行く先を見失いがちで、問題が起こった時の対応の判断基準がその時その時の状況やタイミングによって変わってしまい、結果お金が残らないとか赤字になってしまうなど、いわゆる失敗してしまう可能性が高くなります。

自分で始めたにせよ、相続など引き継いで行う事になったにせよ、自らの不動産投資・賃貸経営の行く先として「目的」を設定することは非常に重要なことです。

 

「目的」の設定ができれば次は「目標」です。これは「いくら?」とか「いつまでに?」といった数値に落とし込めるようなものが分かりやすいと思います。


例えば「今より生活を良くしたい」という「目的」があれば、「毎月いくらのお金が必要か?」といった「目標」の設定が必要になります。

「子供たちに良いものを残すこと」が「目的」であれば、どの位の収入を得られるものを残して、どれ位借入をなくしておくか?といった「目標」が、「単に借金をなくす為」が「目的」であれば、いつまでに借金を無くす、そのために毎月いくら必要か?の「目標」が必要になります。

攻める為にも、守る為にも、収入がマイナスでは攻めも守りも維持することも出来ませんので、そうならないための「目標」が必要です。いわゆる「目標」は稼ぎの数値化です。

 

この「目的」と「目標」の設定ができれば、次はその達成のための「戦略」を組むことができますので、続いては「戦略」のお話をしたいと思います。 続く

2021年2月19日金曜日

不動産投資で失敗しない為に

前回、不動産賃貸経営は文字通り「経営」なので、不動産投資をされるという事は、皆様は「経営者」になるという事なのです。というお話をしました。

まずはこの「経営者になる」という自覚を持って頂いた上で、今回は更にもう少し「考え方」を落とし込んでいきたいと思います。

 

会社でも個人事業主でも、経営者として考えた時、自分が手掛ける事業が「何もせずに大成功」なんてことはほぼありえないと想像できるかと思います。実際そんな事業はほとんど見たことないですよね?

不動産投資・賃貸経営も同じく事業の一つですので、不労(何もせずに)で大成功、ということはほぼありえないかと思います。


では不動産投資・賃貸経営で正しく成功し稼ぐ為に必要なこととは何か?

それは、

①なぜ成功したいのか?稼ぎたいのか?という「目的」

②どのくらい稼ぎたいのか?という「目標」

③稼ぐためにどうするのか?という「戦略」

この3つの設定を行う事です。


この不動産投資・賃貸経営の『目的』『目標』『戦略』を設定することは不動産投資・賃貸経営で成功するための基本中の基本です。

会社でも同じように、経営理念や経営ビジョンといった「目的」があり、作るべき売上や利益といった「目標」が設定され、その達成に向けた「戦略」を組みます。不動産投資・賃貸経営をする上でもこれと同じなのです。

 

非常に大切な事なので簡単にまとめますと、

■ 不動産投資・賃貸経営は「経営」

■ 不動産オーナー様は「経営者」

■ 経営の成功には「目的」「目標」「戦略」が必要

これを意識するだけでも、不動産投資・賃貸経営の結果は大きく変わってきます。

 

では一度考えてみて下さい。

皆様の不動産投資・賃貸経営の「目的」は何でしょうか?

その「目的」を達成するために必要な「目標」は何でしょうか?

次回は不動産投資・賃貸経営の「目的」「目標」についてもう少し深堀してみたいと思います。

続く

2021年1月29日金曜日

不動産投資する人は皆「経営者」

芦屋資産塾のブログでは【失敗しない不動産投資・賃貸経営】と題して、不動産投資・賃貸経営の原理原則を連載形式でお伝えしていきたいと思います。


 【不動産投資・賃貸経営の考え方①】

はじめは不動産投資・賃貸経営の成功において重要なポイントになる「考え方」についてです。


数ある資産形成の中でも不動産投資は比較的低いリスクで安定的な収入の得られる人気の投資です。

ただ多くの方はまだまだ、

「不動産投資=儲かる投資」「賃貸経営=不労所得」

などと思われている傾向があります。


実際にご相談をお受けしてお話をしますと、とにかく「儲けたい」、出来れば「はやく今の仕事をリタイアしたい」とか、「楽に稼ぎたい」という願望を持たれている方も多いです。

これは確かに不可能なお話ではありません。ただ今の時代はその願望を叶えるまでの時間のかかり方、取り組み方が、一昔前よりも難しく、厳しくなっています。

 

バブルの時(私は経験しておりませんが・・)のように不動産を買って売ってしたら短期的に差益が出て「なんかわからんけどめっちゃ儲かった」、というような時代もありました。しかし今はそのような時代ではなくなっています。もちろん物件単体や立地によってはそういった現象もありますが、狙って売却益を取りにいくには専門的な知識や経験、人脈が必要です。

また、「人口が増えていて賃貸物件の需給バランスで需要の方が多い時」は、建物を建てれば空室は埋まりどんどん家賃が入ってくる、という流れになるので「不労所得」というイメージが強かったかも知れません。

ただ今の時代は人口減少、物件多数の需給バランスが崩れている状況のため、単に建物を建てても、工夫や労力をかけて空室を埋めていく必要があります。また入居者や建物など賃貸経営における問題や課題も多種多様化してきている為、賃貸経営自体が一筋縄ではいかなくなっています。

 

こういった賃貸経営が非常に難しく複雑になった今の時代に不動産投資・賃貸経営をされる方に、是非ともご理解頂きたいのが、賃貸経営は文字通り「経営」であるという事です。


この考え方は非常に重要なので、私どもご相談者様には必ず心構えとして、

「不動産投資をするという事は自らは経営者になるという事です」

と、お伝えしております。


経営者になったら最初から不労で稼ぐことは難しいですよね。

そう。経営者であれば、事業を成功させて稼げるようになるためには、脳に額に汗かく必要があるという事。不動産投資・賃貸経営は不労所得ではないという事です。


次回以降はもう少し掘り下げて、この「考え方」のお話を続けていきたいと思います。

続く

2021年1月16日土曜日

芦屋資産塾のコンサルタント

芦屋資産塾では、お客様の相談やご要望にお応えする専属コンサルタントが、様々な資格を保有しております。その保有資格の中に「CPM」・「CCIM」という不動産投資・賃貸経営に関する資格の中でも最高峰と言われるものがあります。


CPMとは英語でCertified Property Manager(サーティファイド プロパティー マネージャー)の略です。日本語に言い換えれば「不動産経営管理士」となります。

この資格を認定しているのはIREM(全米不動産管理協会)という団体で、イリノイ州シカゴに本部を置き、世界中の16,000人を超える不動産管理の専門家を会員としています。すなわち、 世界に会員を有するプロパティマネジメントの最高峰であり非常に権威のある資格です。

CCIMは、CCIM Institute(全米認定不動産投資顧問協会)認定の、不動産投資に関する詳細な分析手法を学ぶ米国の高度な教育プログラムです。

不動産投資の先進国である米国で非常に権威のある称号であり、その教育プログラムは世界28 カ国で受け入れられ、14,000 人のCCIM ホルダーが活躍しています。


CPM(不動産経営管理士)では、オーナー様が保有する収益物件の価値の最大化を、運営・資本改善・ファイナンスなどの側面から実現する手法について学びます。一方、CCIM(不動産投資顧問)では、複数の選択肢のなかから最も優れた投資を選び出す手法について多角的に学びます。

近年は日本の不動産投資市場においても、プロとして適正でロジカルな判断を行うことが求められてきていますので、CPMとCCIMを双方保有することによって、

・対象不動産の資産価値を高める運営管理【PM】の視点

・投資家に対し、投資対効果の最大化を図る【AM】の視点

の双方から分析を行い、多様な投資判断材料をお客様に倫理観をもって提案することができます。


現在日本には約650名のCPMホルダーと約160名のCCIMホルダーがいます。

(ちなみに現在日本にいる宅地建物取引士の有資格者が約100万人。その内の宅建業従事者でも約32万人いますので、CPM・CCIMホルダーがいかに希少かがわかると思います。)

そしてそのそれぞれのホルダー達が全国各地で活動をしており、セミナー講演、執筆活動、イベント開催、不動産オーナーの問題解決と幅広く活躍しています。また年1回の総会にて大規模な受賞式やパーティーを開催し、CPM・CCIMホルダー同士での交流を図り、経済活動の活発化や業界発展への貢献、情報交換などを行っており、ホルダー同士の繋がり・人脈・協力体制が強いことも特徴的です。


芦屋資産塾では、この「CPM」「CCIM」の両方のホルダーも在籍しており、コンサルタントとしてオーナー様との個別相談に対応しています。これらの知識や技術はもちろんのこと、上記のような全国各地のホルダーとの繋がりや協力体制も最大限活用して、幅広くオーナー様の問題解決やご要望にお応え出来るよう取り組んで参ります。


賃貸経営・不動産投資のご相談は、(株)アシスト芦屋の『芦屋資産塾』まで

 

2021年1月10日日曜日

芦屋資産塾とは

               ~芦屋資産塾の使命~

【皆様のお持ちの資産を「守る」「活かす(生かす)」「繋ぐ」ためのお手伝いをする事】



芦屋資産塾では不動産を中心とした資産の運用に役立つ情報発信や、セミナー・イベントの開催をして参ります。当ブログにて告知・お知らせ・情報発信致しますのでご期待下さい。


 

さて現在、世界的な新型コロナウイルスの流行の影響もあり、世界経済は大変な状況に向かっていっています。この状況下で、お持ちの資産を正しく運用し、増やし、遺していくことは高度な知識や技術、正しい情報が必要になってきます。


そこで当ブログ内では「失敗しない不動産投資・賃貸経営」と題して、不動産の投資・運用についての基本的な考え方やポイントを連載形式で発信していきたいと思います。

 

自らも不動産オーナーであり、また沢山の不動産オーナー様の課題解決をしてきた不動産のプロでもあり、そしてCPM・CCIMといった高度な資格を保有している我々の会社だからこそお伝えできる

『不動産投資、賃貸経営の原理原則』

その基本に今一度立ち返って頂き、この時代の荒波を乗り切っていく糧として頂ければと思います。


また具体的な不動産の購入・売却、相続や土地活用などの個別相談も随時お受けしております。オンライン面談も可能となっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。


今後とも、よろしくお願い致します。


2020年11月5日木曜日

芦屋資産塾開設しました

芦屋資産塾開始 


アシスト芦屋の新規事業として芦屋資産塾というサービスを開設しました。

また詳細は後日・・・。

まずは「マンションアート」という事業を立ち上げます。

詳細はまた後日・・・。